Close

2016年10月31日

モリンダ インク・久留米大学 山岸 昌一教授 共同研究「ノニ果実がAGE起因の炎症を抑える可能性」を確認『Current Pharmaceutical Design』誌で発表

モリンダ インク(以下、モリンダ)【本社:米国ユタ州アメリカンフォーク、社長:ケアリー・エイシー】は、久留米大学 山岸 昌一教授との共同研究において、フレンチポリネシア産のノニ植物(学名:Morinda citrifolia)にAGE起因の炎症を抑える可能性があると2016年10月21日発行『Current Pharmaceutical Design』誌に発表しました。

AGE(終末糖化産物)は「老化原因物質」と考えられています。その原因となるのは、たんぱく質の…