- TOPIX -

7月1日より目黒雅叙園で始まった『和のあかり×百段階段』展。
東京都指定有形文化財「百段階段」内の部屋を「祭り」「アート」「職人」「伝統芸能」の4つのジャンルを中心に、日本ならではの“和のあかり”と“色彩”が楽しめる。昨年の初開催時は6万人の来場者数を記録した。
年間を通じて唯一百段階段の撮影が可能な期間となっており、今年も多くの来場者が予想される。