- TOPIX -

神戸電鉄株式会社(本社:神戸市兵庫区、社長:杉山健博)では、既存車両1000系の代替として、「人と環境にやさしく、安全・快適な車両」を目指した新型車両「6500系」を新造し、2016年春から運用を開始します。

6500系は、環境面に配慮して、新型機器の採用や全ての照明設備をLED化することで、消費電力を既存車両1000系と比べて約60%低減します。また、高齢化に対応して、吊り手を3段階の高さにしたり、縦手摺り等を導入し…