Close

2016年2月29日

「タッチで操作する投影型マジックハンド」の開発に成功!3月4日デモ発表!~日常空間での使用を想定した身体拡張プロジェクションマッピング技術~

大阪大学 大学院基礎工学研究科の佐藤 宏介教授、岩井 大輔准教授らの研究グループは、手のCGモデルを室内にプロジェクションマッピングし、その像をタブレット端末へのタッチ操作によって動かすことで、日常的な場面に応用できる身体拡張技術「ExtendedHand」を開発しました。

従来の身体拡張技術の多くは、専用のカメラやグローブを用いてゲーム内のキャラクターの手足を自分の体の動きに合わせて操作するなど、バーチャル…