Close

2015年9月28日

体内時計の老化 原因は脳内神経連絡の低下~メリハリのない光環境、加齢を加速~

◆加齢に伴う睡眠-覚醒リズムなどの体内時計機能低下の原因を突き止めた。<br />
◆齢をとると脳内の概日リズムを生み出す約2万個の神経細胞がバラバラに時を刻むようになることを発見。<br />
◆昼と夜でメリハリのついた光環境が体内時計機能の加齢変化を細胞レベルで抑えることがわかった。<br />
———- <br />
【概要】<br />
明治大学農学部生命科学科動物生理学研究室の中村孝博専任講師らの研究グループが、体内時計老化の正体を発見しました…