Close

2015年9月4日

サイバー攻撃による未知の脅威を含む不正遠隔操作を防止する、出口対策セキュリティ、ヒューリスティック対策の基本特許獲得を発表 サイバー攻撃による機密性の高い個人情報を不正遠隔操作(乗っ取り、のぞき見、なりすまし)から守り、IoT時代やマイナンバー制度普及に必要なセキュリティを提供 日本・韓国で権利を獲得し、主要諸外国でも審査進む

株式会社オプティム(以下 オプティム)は、IoTへの不正遠隔操作(乗っ取り、のぞき見、なりすまし)を防止する、出口対策セキュリティの世界特許技術を発表します。オプティムは本技術を利用し、機密性の高い個人情報を不正遠隔操作から守り、IoT時代に必要なセキュリティを提供してまいります。この特許技術は、万が一ウイルス対策ソフトが検知できない新しい不正な遠隔操作ウイルスがネット端末に混入した場合にも、不正な振る舞…