- TOPIX -

AKB48の運営会社「AKS」が東京国税局の税務調査で、2012~14年までの3年間で約5億円の
申告漏れを指摘されていたことが9月1日わかった。1億数千万円の加算税を含め修正申告にはすでに応じたという。「新興の芸能プロが出てくると、必ず狙われる。国税も最初からチャンスをうかがっていただろうし、これも一種の通過儀礼のようなもの」と大手芸能プロの総務担当者。メンバーの家賃、旅行代、前社長の交際費などについて約20項目にもわたるドンブリ勘定が明らかになっている。