Close

2015年8月25日

株高は終わった? 金ETFに20%投資する伝説のヘッジファンドマネージャー

中国経済をめぐる先行きの警戒感から、株式市場で上海総合指数、NYダウや東京株式市場などでも大幅な下落が続いている。2011年後半以降4割以上も下落中だった金が動き出しているが、すでに引退した著名ヘッジファンドマネージャー、スタンレー・ドラッケンミラー氏が投資資産の20%以上、金額にして300億円以上を金ETFのスパイダー・ゴールドに投資し、再び注目を浴びている。