Close

2015年5月24日

FIFA会長選 2人が相次いで立候補取り下げ

ページの作成:「{{日付|2015年5月24日}} <!–あなたが投稿する時点での日付です。事柄が起こった時点での日付ではありません。–> この5月29日に…」

新規ページ

{{日付|2015年5月24日}}
<!–あなたが投稿する時点での日付です。事柄が起こった時点での日付ではありません。–>

この5月29日に行われるFIFA・[[w:国際サッカー連盟|国際サッカー連盟]]の会長選に立候補していた、[[w:オランダサッカー協会|オランダサッカー協会]]の会長を務めるファンプラーグ氏が5月21日に、立候補を取り下げると発表し、その数時間後、サッカーの元ポルトガル代表選手のフィーゴ氏も立候補を取り下げると発表した<ref>{{情報源・ウェブ
|url=http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015052100926&g=spo
|タイトル=フィーゴ氏ら立候補取り下げ=FIFA会長選
|著者=
|発行者=時事通信
|表示名=時事ドットコム(時事通信)
|日付=2015年5月22日}}</ref>。

ファンプラーグ氏は記者会見を行い「(アリ王子とフィーゴ氏と)3人で話し合い、候補を1人にした方が勝つチャンスがあるとの結論に達した」と候補者の一本化を図ったことを明らかにした<ref name=”nikkei_20150522″>{{情報源・ウェブ
|url=http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK50021_S5A520C1000000/
|タイトル=FIFA会長選、フィーゴ氏ら撤退
|著者=ロンドン=共同
|発行者=日本経済新聞
|表示名=日経電子版(日本経済新聞)
|日付=2015年5月22日}}</ref>。さらに、ファンプラーク氏はアリ王子が現職のブラッター会長に対する対抗馬とみていて、ファンプラーク氏自身の数多くの提言がアリ王子の施策へと活かされることを見込んで支持を表明している<ref>{{情報源・ウェブ
|url=http://www.afpbb.com/articles/-/3049468
|タイトル=フィーゴ氏ら出馬取りやめ、FIFA会長選は現職と新候補の一騎打ちに
|著者=
|発行者=AFP
|日付=2015年5月22日}}</ref>。

一方のフィーゴ氏は自身のフェイスブックに「(3人の)候補者たちは各大陸連盟の会合で改革を訴えることもできないが、1人の候補者は常に演説台で話をする。候補者同士が討論をする機会もない。これは正常な選挙ではない」とした上で<ref name=”nikkei_20150522″/>、「5月29日にチューリヒで行われるものは選挙と言えるようなものではない」とも批判<ref>{{情報源・ウェブ
|url=http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPKBN0O704N20150522
|タイトル=サッカー=フィーゴ氏、FIFA会長選の立候補取り下げ
|著者=
|発行者=ロイター
|日付=2015年5月22日}}</ref>。

== 情報源 ==
<references/>

<!–
最低限、地域と分野のカテゴリをひとつずつ入れてください。わからなければそのままでいいですが、公開までに入れます。
 例:[[Category:日本]] –>
<!–1.左辺に地域大カテゴリ。[日本][アジア][アフリカ][オセアニア][ヨーロッパ][北アメリカ][南アメリカ][南極][北極]からそれぞれひとつ以上選ぶ–>

<!–2.左辺に地域中カテゴリ。日本は県単位より上([東京都]など)、日本以外は国単位より上([シンガポール]など)記事中に出てくる地域は列挙。わからなければ空欄に–>

<!–3.左辺に分野大カテゴリ。[政治][経済][社会][文化][スポーツ][学術][ひと][気象][脇ニュース]からひとつ以上選ぶ–>
[[Category:スポーツ]] <!–4.その他、[野球][季節]などの分野小カテゴリや、[○○地震][○○オリンピック]などの特集カテゴリを入れることもできる–>

{{DEFAULTSORT:FIFAかいちようせん 2りかあいついてりつこうほとりさけ}}
<!–
カテゴリソートキー:ひらがなで記事名の読み(濁点・読点・長音はとり、「っ」「ゃ」などは大文字にする)
 例:{{DEFAULTSORT:おとしたまつきねんかしようはかきうりたしはしまる}} (記事名が「お年玉付年賀はがき、売り出し始まる」のとき)
–>
{{査読中}}
<!–
記事が書きあがった時点で{{査読中}}に書き換えます。
自分で書いた項目は{{公開中}}には換えないでください。
査読中のものに新たに資料を付け加えた場合、大幅な加筆をした場合も同様です。
公開前になるべく多くの投稿者に目を通してもらうようにしましょう。
–>