- TOPIX -

8日の中国・上海株式市場は大幅続落し、上海総合指数は前日比219.93ポイント安(5.90%)の3507.19で取引を終えた。一時は8%以上も下げ、1300銘柄以上の取引がストップし、中国政府も株価対策を打ち出しているものの効果もなく、下げ止まる気配はない。実は中国人富裕層も投資を株式や投資信託にシフトするようになっており、かなりの影響を受けると見られる。